2007年03月23日

安藤美姫 2位 浅田真央5位 中野友加里7位ショートプログラム(SP):世界選手権

安藤美姫 ショートプログラム(SP):フィギュアスケート世界選手権

安藤美姫 ショートプログラム(SP):フィギュアスケート世界選手権フィギュアスケート世界選手権
安藤美姫、ショートプログラム2位!

安藤美姫、「パーソナルベスト」の得点、いい感じです。
明日のフリー楽しみ、期待したい。

優勝に向かって、頑張れ!安藤美姫!!

安藤美姫 ショートプログラム(SP):フィギュアスケート世界選手権


+追記
<世界フィギュア>浅田SP5位、安藤2位 金ヨナが首位
完ぺきな演技で2位…安藤、4回転サルコウへの挑戦を宣言
 世界女王の座が視界に入ってきた。前回優勝のマイズナーが自己ベストを更新しても4位止まりというハイレベルな争いの中、安藤が完ぺきな演技で2位につけた。
 冒頭に3回転ルッツ―3回転ループの大技を決め、続く3回転フリップも成功。昨シーズンに比べて相当上達したストレートラインステップに入る直前には曲に合わせ、「シェラザードのお姫さまになった気分で表情を作った」。両手を大きく動かしながらスピードに乗り、観客の手拍子を誘った。最後はI字スピンで締め、自己ベスト(67.52点)を更新する67.98点をマークした。
 昨年12月下旬の全日本選手権で右肩を負傷し、2週間は練習はもちろん、寝返りをうつことすらできなかった。さらに今大会前には靴が合わず、またも練習中断の時期があった。肩の影響でビールマンスピンも封印せざる得ない。「体力面の不安があり、緊張していた」と明かす。そんな中でノーミスで通した安藤は、重圧に負けて15位と惨敗したトリノ五輪当時とは別人。五輪後は食生活を管理し、体を絞ってきたが、大舞台で見事にトリノの汚名を返上した。

 「東京の世界選手権で自己ベストを更新できてホッとした」と、久しぶりに笑顔を振りまいた安藤。フリーに向けて「今大会がゴールではない。今季最後の試合なのでやりたい」と、4回転サルコウへの挑戦を宣言。一皮むけた安藤が、女子では世界唯一の大技で金メダルを狙う。

Posted by cvb at 22:06│ 安藤美姫 2007年  | twitterでつぶやく
<安藤美姫 Miki Ando フィギュアスケート>