2008年12月12日

安藤美姫 韓国で練習: GPファイナル

安藤美姫 Miki Ando
安藤美姫、練習、韓国、GPファイナル安藤美姫、練習、韓国、GPファイナル

安藤美姫、練習、韓国、GPファイナル安藤美姫、練習、韓国、GPファイナル安藤美姫、練習、韓国、GPファイナル

安藤美姫、練習、韓国、GPファイナル今回のGPファイナルは浅田真央とキム・ヨナとの一騎打ち的な盛り上がりを見せている。確かにふたりが今季他の選手より一段レベルが高いのは認めるが、何が起こるかわからない。頑張れ! 安藤美姫!!

安藤美姫 昨季は出場権を逃し、今季は女子6人中6位で進出。「ファイナルに出られるように頑張ってきたので、そのご褒美だと思って楽しく、練習してきたことを100%出せれば」とコメントした。 日刊スポーツ

美姫 フリー曲“攻めの”変更 スポニチ
安藤美姫(20=トヨタ自動車)は、フリーの使用曲を中野友加里(23=プリンスホテル)と同じだった「ジゼル」から「サン・サーンスの交響曲第3番オルガン付き」に変更。11日の公式練習では4回転ジャンプも精力的に跳ぶなど、ファイナル初制覇に意欲を見せた。
聞き慣れない旋律に乗って安藤が滑り始めた。開幕前日の公式練習で、今季ここまで使用していた「ジゼル」から「サンサーンスの交響曲第3番オルガン付き」に曲を変更したフリーの新プログラムを披露。10年バンクーバー五輪を見据えた前哨戦第1弾とも言える今大会に臨む強い決意の表れだった。
「今までは曲に自信がなくて変えたけど、今回はいいものをつくろう、いい印象を与えようというプラス思考で変えた」
3月の世界選手権直前にもSP使用曲を変更したが、今回は意味合いが全く違う。フリーの「ジゼル」は、国内のライバル・中野も今季のフリーで使用。両者が出場した10月のスケートアメリカでは、中野の後に滑った安藤が得点で下回った。完ぺきな演技でなかったのは事実だが、同じ曲を後から演じては、ジャッジに“二番煎じ”と映りかねない。「印象が薄れるという意味もある。同じ曲が続くと難しいのかな」
公式練習では6人の最後に、浅田が曲をかけて滑っている時に、韓国入り後は跳んでいなかった4回転サルコーに突然チャレンジ。4度の挑戦で2回転倒するなど完ぺきではなかったものの、浅田に集まる注目を“強奪”した。7日には「ジャンプが何も跳べない」と明かしていたが「気持ちを強く持っていきたい」と復調してきた。新プログラムと4回転。観衆とジャッジの視線を独り占めにする準備は整った。

Posted by cvb at 03:34│ 安藤美姫 2008年  | twitterでつぶやく
<安藤美姫 Miki Ando フィギュアスケート>